リスト存在の報道についての日本政府と拉致被害者の反応

マイペースって素敵!自分らしくいこう!! > > リスト存在の報道についての日本政府と拉致被害者の反応

リスト存在の報道についての日本政府と拉致被害者の反応

2014年7月29日(火曜日) テーマ:

ナ:しかし政府は―

(3日午前中:菅 義偉官房長官 記者会見)
記者:一部報道で今回の日朝交渉の中で生存者リストが提示されたのではないかと?
菅長官:全く報告受けておりませんし、そこはあり得ないと考えております。

ナ:共同通信の前平壌支局長で、北朝鮮政府に詳しい磐村氏―

磐村和哉編集委員(以下、磐村氏):口頭でですね、今回に限らず、これまでの水面下の交渉を含めてですね、なにがしかの情報を日本は得ているという可能性は十分にあると思います。「何人生存している」と言うですね、そういったいくつかの情報はあるようですね。
ただし、それがどこまで信憑性があるかっていうのは、まさにこれからの調査でそれが判明するということになるんでしょう。

ナ:こうした中、拉致被害者家族は―

横田早紀江さん:本当に大丈夫なのかな、という思いは―。やっぱり心配ですね。拉致問題と言うのは国家犯罪で起きたことで、あちらの国の指導者が指導を出して、さらってきなさいと言われた人がさらわれていったわけですよね。もういい加減に誠意を持って、きちんとしてくださいと言いたいですね。

横田滋さん:すべてについて一刻も早く解決してほしいと思います。今度は北朝鮮も早く終わらせなければ自分たちの方にもメリットが出てこないというので、今回はきちんとやってくれると思います。

拉致被害者家族会 飯塚重雄代表:今度こそ騙されないようにということを、我々は今迄の苦い経験からね、政府に対してお願いしている事で、強く言いたいのは、だらだらと長くやっては困ると。日程をきちっとある程度決めながら、それに向けて対応を早くしてほしい。
表参道のカット技術の高い美容室



関連記事

年末年始のサプライズ計画

年末年始のサプライズ計画

2015年1月28日(水曜日)

久々に会うとき

久々に会うとき

2014年11月30日(日曜日)

早々に開封かと思ったら

早々に開封かと思ったら

2014年11月21日(金曜日)

天気予報とレンタルビデオショップ

天気予報とレンタルビデオショップ

2014年11月 9日(日曜日)

大泣き

大泣き

2014年10月17日(金曜日)